講師からのメッセージ

− 私たちと英語 −  
 

小学校の英語必修化が始まりました。

 高校の英語の授業は英語で行われる動きが高まっています。 大学受験においても、センター試験は廃止が決まり、より4技能(読む、聞く、書く、話す)の実力をはかれる外部の実力試験や新たに開発されたTEAPが採用され始めています。また、就職が困難な昨今、TOEICで一定の点数以上を取っていなければエントリーシートを受け付けない企業があります。社内公用語を英語にする企業も出てきました。多くの外国人が職を求めて日本にやってくる一方で、多くの日本人がビジネスチャンスを求めて諸外国へ行き、老若男女問わず海外旅行を楽しむ時代になってきました。
 このように、確実に英語は私たちの生活に身近なものになってきています。今後もその傾向は一層強くなるでしょう。
 
 

 

英語が出来なくても
 生きていけるかもしれません。

 でも、もし英語が出来たら、より多くのことを知り、たくさんの可能性に触れることができ、人生の選択肢が増えることでしょう。英語は人生を何倍も明るく、楽しくしてくれます。私は、読書をしても、映画を見ても、日本語と英語の両方で楽しみ、感動します。海外旅行も存分に楽しめますし、アクシデントにも落ち着いて対処することができます。外国人の友達とも日本人の友達と同じように悩みを相談したり、喜びを分かち合ったりすることができます。
 英語が出来て本当に幸せだなと日々思います。